なんだか最近寝てもすっきりしないなと感じている方、ぜひ今日から一つ試してみてください!

おススメしたい方法は「いつもより早く寝る」です(^-^)「なんだよ、それ・・・」と思うかもしれませんが、他の条件を変えずに、私の場合はこの方法が見事ヒットし、体も気持ちも楽になりました。

他の条件というのは、寝るときの服、食べ物や飲み物、照明、寝具一式です。寝るときの服については、パジャマと決めている人ならそのまま、パジャマを特に決めていない人は、無理にパジャマで寝る状態にスイッチONなどと変えなくてもOKです。

私の場合は、パジャマを特別決めていないので、そのまま普段着でした(^-^)食べ物や飲み物も、寝る前はお酒をやめたほうが良いというアドバイスもありますが、お酒が好きな私は特別変えることはしませんでした。照明や寝具一式も、特別違うものに変えたりなど工夫はしませんでした。とにかく、寝る時間だけを変えてみたというのがおススメの方法です。

どれくらい寝る時間を早めればいいのか?体調が普通の時、ちょっと疲れている時など、いろいろ試してみました。結果、どんな時も「平均1時間半早める」ことが一番効果的でした(*^_^*)人により、多少は異なると思いますが、30分、1時間、2時間くらいで試してみたはどうでしょう。

早めて寝るときの流れですが、準備をして、一時間半早めに布団に入ります。特別その時は眠たくなくてもとにかく入ってみます。スマホを触って時間を使うのは、本来よくないかもしれませんが、最初はそれでもいいかもしれません。

この時、私の場合感じたことは「時間の余裕と贅沢感」でした(^-^)「こんな早く布団に入っている!」「まだこんな時間なのに寝ようとしている!」なんとなくいつもの自分にはない気持ちで布団の中にいました。

衝撃的なほど快眠!という180度変わるほどではないですが、あれ?なんか気分いいぞ!という朝が連続して訪れ、「あ、早く寝るのがうまくいったのかな?」と思う日が続き、結果うまくいったということです。

アロマを炊いたり、照明を工夫したり、温度を工夫したり、他にももっと会うものもあるかもしれませんが、とりあえず1時間、1時間半、ちょっと早く寝てみるという準備なしの方法を一度試してみるといいですよ(^^)/