作者別: jyokiwet

副交感神経の活性化

私自身夜中に起きてしまうとそこから熟睡することが出来なくなる、朝に起きた時に熟睡した感じがしないという体験が多くてあった事から熟睡について調べたら副交感神経が上手く働いていないという事に気付きました。今回は、その副交感神経を活性化させるために私自身が何を行なっているのかという事をお話させて頂きます。

今までは眠くなったらベッドに入ったただ寝るという事をしていただけだったのですが、より深く効果的に寝るために私自身が最初に取り組んだ事は寝室環境を整えるという事でした(^^)

寝る環境が悪ければ疲れがとれるわけもないし熟睡なんて出来るわけがありません。そのためにベッドのマットと枕の調整等や掛け布団の重さだったり厚さを日々試してみました。

マットは固いものを使用していたのですが、固すぎると翌朝に背中や肩周りが痛くなることがあったのでマットレスの少し柔らかい素材を購入しました。枕に関してはかなり高めの枕ではクビや肩周りが痛くなってしまうので、使ったことの無いような低い枕へと変更しました。夏場は暑いので薄めな掛け布団を使用し、冬場は熱さを逃がさないために毛布なども使用することで以前よりは睡眠の質があがりました。

しかし、寝室環境を整えてもまだ前日の疲れが残っていたら熟睡した気がしない日もありました。そこでまた調べてみたら副交感神経の活性化には五感を働かすということを知り、その中でも嗅覚が大事という事を知りました(^^)

嗅覚は身体全体をリラックスさせる効果がある模様で、アロマオイルの匂いなどを充満させると副交感神経が活性化するという事でアロマディフューザーまで購入し使用してみました。使用してみたところ確かに早寝早起きが出来るようにもなったし、前日の疲れが残っているという事が減っていきました。

今ではアロマディフューザーを焚かない日はほとんどありません。もし、熟睡出来ない事に困っている方々がいれば副交感神経の活性化のために寝室環境を整えること事を実践して頂き効果が現れたらなと思っています。

 

Categories: 睡眠/眠り

1つだけ変えて熟睡・快眠へ

なんだか最近寝てもすっきりしないなと感じている方、ぜひ今日から一つ試してみてください!

おススメしたい方法は「いつもより早く寝る」です(^-^)「なんだよ、それ・・・」と思うかもしれませんが、他の条件を変えずに、私の場合はこの方法が見事ヒットし、体も気持ちも楽になりました。

他の条件というのは、寝るときの服、食べ物や飲み物、照明、寝具一式です。寝るときの服については、パジャマと決めている人ならそのまま、パジャマを特に決めていない人は、無理にパジャマで寝る状態にスイッチONなどと変えなくてもOKです。

私の場合は、パジャマを特別決めていないので、そのまま普段着でした(^-^)食べ物や飲み物も、寝る前はお酒をやめたほうが良いというアドバイスもありますが、お酒が好きな私は特別変えることはしませんでした。照明や寝具一式も、特別違うものに変えたりなど工夫はしませんでした。とにかく、寝る時間だけを変えてみたというのがおススメの方法です。

どれくらい寝る時間を早めればいいのか?体調が普通の時、ちょっと疲れている時など、いろいろ試してみました。結果、どんな時も「平均1時間半早める」ことが一番効果的でした(*^_^*)人により、多少は異なると思いますが、30分、1時間、2時間くらいで試してみたはどうでしょう。

早めて寝るときの流れですが、準備をして、一時間半早めに布団に入ります。特別その時は眠たくなくてもとにかく入ってみます。スマホを触って時間を使うのは、本来よくないかもしれませんが、最初はそれでもいいかもしれません。

この時、私の場合感じたことは「時間の余裕と贅沢感」でした(^-^)「こんな早く布団に入っている!」「まだこんな時間なのに寝ようとしている!」なんとなくいつもの自分にはない気持ちで布団の中にいました。

衝撃的なほど快眠!という180度変わるほどではないですが、あれ?なんか気分いいぞ!という朝が連続して訪れ、「あ、早く寝るのがうまくいったのかな?」と思う日が続き、結果うまくいったということです。

アロマを炊いたり、照明を工夫したり、温度を工夫したり、他にももっと会うものもあるかもしれませんが、とりあえず1時間、1時間半、ちょっと早く寝てみるという準備なしの方法を一度試してみるといいですよ(^^)/

 

Categories: 睡眠/眠り